Bridge of Weir

Bridge of Weir – High Performance Leather

Bridge of Weir(ブリッジオブウィアー)は1905年に設立された、スコットランドの本革ブランドです。長い歴史で培った伝統と実績は、ヨーロッパの中でも随一の規模と技術を誇ります。現在、英国では大 規模な生産を行う唯一のレザー会社となりました。恵まれた大自然を活かし、スコットランド地域にのみ生息するハイランドブルという品種の2歳までの雄牛の 革のみ厳選し使用しています。高い技術と知識をもったスコットランド人の熟練技術者によりつくられる革は、高いクオリティーが要される、車や飛行機や船の 内装シート製作、家具、昨今は携帯電話にも使用されています。各界の高級ブランドの要望や基準を満たす新しいレザーを研究開発し、レザー業界のパイオニ ア的存在となり世界30カ国以上に輸出されています。鮮やかな色ぞろえとハイテク加工、高品質を特徴とします。また制作過程では廃棄物や浪費エネルギーなど環境に対する配慮に徹底したこだわりを持ち、自社内に火力発電所を設け、使用す るエネルギー全てを廃棄物を利用した自家発電で担っています。原材料の調達から皮革製造、研究のすべてを一環として管理し、生産工程、環境管理と革のパフォーマンスの継続的改善を実行しています。

BRIDGE OF WEIR 世界のメーカー、ブランドでの使用実績

自動車
• Aston Martin – アストン マーティン
• Volvo – ボルボ
• McLaren – マクラーレン
• Lincoln – リンカーン
飛行機
• Virgin Atlantic – ヴァージン アトランティック航空 アッパー クラスシート
• JAL First Class – 日本航空 ファーストクラスシート
• Concorde – コンコルド
家具
(海外)
• Fritz Hansen – フリッツ ハンセン
• Vitra – ビトラ
• Herman Miller – ハーマン ミラー

携帯電話
• VERTU -ヴァーチュ
• nokia ORO – ノキア オロ
• Versace – ヴェルサーチ

 コントラクト使用実績

香港 ICCビル『The Ritz Carlton Hong Kong 』最上階(118F)に2011年度オープンした世界一の高さのバー『Bar OZONE』

インテリアデザイン:Wonderwall片山正通

ラウンジシートにはBridge of Weirのレザー「Caledonian」が使用されています。
*「Caledonian」はアストンマーチンの自動車の内装にも使用さ れています。

 

マーケット分野

  • 自動車
  • 自動車アフターマーケット
  • コントラクト
  • 航空
  • マリン

  • ホテル&レジャー
  • 公共施設&オフィスビル
  • 家具
  • 家電
  • ファッションアクセサリー

 

加工技術

最新のデジタルカッターによる裁断のご要望もお受けいたします。

カスタムカラー

大規模な製造能力があると同時に、高度な技術によるカラーマッチングサービスを行っています。ご指定の色を分析し、カスタムカラーを作成することができます。

カスタム加工

柔軟なカスタマイム対応により、顧客の個々のニーズにお答えします。初期のデザインコンセプトから量産に至るまで、製品開発サイクルをサポートしています。

開発研究

Bridge of Weir社の研究試験施設は、世界で最も先進的であり、皮革技術者、顧客仕様のチームと一緒にデザインコンセプトを絞り込んで、創造的なオーダーメイドの革の提供をしています。

環境

環境に配慮した方法で生産を実践しています。業界初の火力発電の設置による自家発電にて工場全てのエネルギーを担っており、廃棄物ゼロを実践しています。ISO 14001の認証取得しています。

鞣し

非常に効率的で環境に優しいミネラルや有機剤を使用します。三価クロム塩は、皮なめし工場でリサイクルされ、再利用していますので環境に負担をかけません。
消費者の意識や顧客の需要から、生産の約1/2は、オーガニックタンニング(植物鞣し)を採用していまが、これはBlack Wattle (アカシア)の樹皮抽出物を使用しており、エキスは成長と収穫が10年サイクルで管理されている、アフリカのサステナブルな森からきています。

資料のダウンロード

Bridge of Weir Colour Guide 本革カラーガイド見本帳
Download Colour Guide

Bridge of Weir Leather Care レザーケアキット
Download Leather Care

価格表ダウンロード
Download Price List

 

The Leather Manufacturing Process 

 

Manufacturing leather is a difficult, time-consuming process. Each stage must be carefully monitored to ensure the highest quality. The whole process, from receiving the raw hide, to finishing the luxuriously soft leather takes about 2 weeks. Please enjoy the videos below and see how Bridge of Weir makes its High Performance Leather collection.


Step 1: The Raw Material

Bridge of Weir Leather is manufactured from hides that are a by-product of the beef and dairy industries. Our hides are carefully selected and sourced mainly from unbranded Northern European cattle herds usually within 300 miles of the factory.

Step 2: Liming

After being soaked, the hair and epidermis is removed by treating hides with a mixture of sodium sulphide and lime solutions.

Step 3: Fleshing

Removal of any fat still adhering to the back of the hide.

Step 4: Splitting

The hide is split into two layers. The grain layer (top) is used in the manufacture of Bridge of Weir Leather. The flesh split (bottom) is sold to other manufacturers for the production of suede, or to the food industry as a source of collagen.

Step 5: Tanning

After de-liming and pickling to make the hide more receptive, the hides are tanned to stabilise the collagen fibres and prevent its decay. This can be done either using a solution of recyclable chromium salts producing ‘wet blues’ or various organic solutions producing ‘wet whites’.

Step 6: Selection

The tanned hides undergo a mechanical process called sammying to remove excess water. The hides are then hand selected into quality grades based on the numbers and location of the naturally occurring characteristics associated with the finest quality hides.

Step 7: Shaving

The hides are mechanically shaved to give a uniform substance.

Step 8: Dyeing

Hides are dyed in stainless steel drums. Fine oil emulsions are also added at this stage to lubricate the fibres and influence the final softness of the leather.

Step 9: Drying

After the addition of natural oil emulsions to lubricate and soften the leather, the hides are either stretched on large frames or vacuum dried.

Step 10: Surface Coating

Once trimmed, dependent on customer requirements, the initial application of surface pigment is applied by machine roller coating. The final protective coats are applied by machine spraying.

Step 11: Finishes and Patina

Different textures designed to enhance the leather’s grain surface can be applied by engraved rollers.

Step 12: Milling

After surface finishing, the hides are softened by tumbling them for several hours in rotating drums.

Step 13: Final Inspection

Each hide is individually checked for quality after processing. If approved, the area is measured electronically prior to despatch.

Step 14: Cutting

Leather cutting is a highly skilled job. As leather is a natural material, the aim is to keep wastage to a minimum while preserving all the natural character of the hide in the piece being made.

In recent years, Bridge of Weir has been pro-actively developing cutting facilities which now comprise of a variety of methods including the latest state of the art cutting equipment. This provides our customers with the opportunity of buying cut part sets often delivered to a specific vehicle chassis number. This shortens the supply chain, cuts down on waste, improves yield and reduces our carbon footprint yet further.

Step 15: Despatch

On receipt of an order, hides from our extensive range of stock leathers can be delivered to mainland UK account customers in 24 hours. Delivery to non UK customers is normally within 2-3 days. The delivery schedules for finished leather can be integrated into customer supply chains and matched to ‘just in time’ production requirements.