Woven Image +Akira Isogawa Collection 発表

Akira Isogawa Collection

Akira Collection

国際的に絶賛されたファッションデザイナー、五十川 明とwoven imageによるコラボレーションインテリアテキスタイルコレクションを発表。

無駄の無い、コンテンポラリーで日本人の美学を感じるコレクション
グラマラスかつ絶妙な気品と甘美を感じる美しいベルベットの椅子張り生地、「Botan (牡丹-ぼたん)」、「 Shibori(絞り-しぼり)」。

その椅子張り生地とコーディネートされた壁材のEchoPanel Muraシリーズからはゴージャスかつ繊細でユニークな「 Kome(米-こめ)」,「 Haku(泊-はく)」 ,「 Nami(波-なみ)」。

これらのコレクションのためのデザインコンセプトは、アキラの最近のファッションの作品からも明らかなように、日本の伝統的な「絞り」の技術に触発された。
*絞り染めとは、布の一部を糸で括るほか、針で縫い締める、折り畳んだ布を板に挟んで強く圧迫するなどの防染加工をして、染料の中に浸して染めた後、糸を解くと防染された部分が文様として現れるという技法である。「絞る」ということによって布に凹凸が生じ、表面が滲んだように染まるという他の染色品には見られない特徴を持っている。また、人によって絞る力が様々なので、同じ手法で制作しても二つとして同じものは出来ない。その「絞り」の要素を取り入れたテキスタイルは、まさに立体感のある奥行きと繊細なラインが特徴的で、まさにアイデンティティーは古典的な日本である。

このコラボレーションによって、EchoPanelMuraへの箔印刷のための新しい生産技術が導入開発された。
Akira Isogawa Collectionは、五十川 明の繊細でハイセンスなファッションのテイストを取り入れた、今までにない和の美をインテリアの中で表現できるのテキスタイルとなるでしょう。

デザイナーズプロフィール

Akira Isogawa

Akira ISOGAWA
五十川 明(いそがわ あきら )オーストラリアで活躍する世界的なファッションデザイナー。パリ・コレの常連として活躍するなど国際的に高い評価を得ている。日本の現代デザインを活かした作品を手がける。Akira Design Studio Pty Ltd 代表。

1964年生まれ。京都市出身。佛教大学卒。86年、ワーキングホリデービザで来豪。帰国後、再来豪してイースト・シドニー・カレッジで服飾を学ぶ。93年、シドニー東部ウラーラのクイーンストリートに「akira」レーベルのブティックをオープン。96年、オーストラリアン・ファッション・ウィークにデビュー。99年、オーストラリア・ファッション・ウィークの「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」受賞、パリ・コレクションにデビュー。2004年には2店舗目の直営ブティックをメルボルンにオープン。2007年、第一回オーストラリア・ファッション大賞を受賞。
現在、日本(銀座バーニーズ)、イタリア、フランス、ドイツ、ロシア、米国、ドバイ、クウェート、シンガポール、タイ、インドネシアの11カ国でコレクションを販売。
2012年、国際社会で顕著な活動を行い世界で『日本』の発信に貢献したとして、内閣府から「世界で活躍し『日本』を発信する日本人一人に選ばれた。

 

 

Tags: